2017.4.15(土) - 16(日) 10:00~16:00
お問い合わせ 080-4558-8070
sanpo@ushimadocraft.qcweb.jp

第3回 牛窓クラフト散歩

お知らせ  出展作家・企画展  飲食  会場マップ  過去の会場風景   ボランティア募集  アクセス  巡回バスについて
陶磁
厚川 文子(岐阜)
手びねりで器や壷を制作しています。土の力強さやあたたかさを感じていただけると嬉しいです。
伊藤 環(岡山)
恒例になりますが、工房で眠っているもの 新しいもの、特別なひとつを展示します。
http://www.itokan.com
小野寺 友子(愛知)
私にとっての普通ですが、普通の器を作っています。憧れは樹のように石のように在る物。
河合 和美(岡山)
人形とうつわ。手のあとの残る柔らかな表情で。
寒川 義雄(広島)
広島で掘ってきた土や薪ストーブで出た灰から釉薬を作り、極力made in hiroshimaな焼き物を作っています。
https://cafedehanae.wordpress.com/
菅沼 淳一(岡山)
白い食器を作っています。
鈴木 雄一郎(奈良)
「使う」を大切に。日常使いの食器を中心に1つ1つ手仕事で形を生み出しています。
http://www5.kcn.ne.jp/~inima
寺園 証太(岡山)
牛窓で作陶しています。薪窯ならではの器の表情と変化を日々楽しんでほしいです。
http://terazonoshota.com
中本 純也(和歌山)
すっごく普通で、すこしだけ楽しい、しろいうつわです。
森岡 希世子(石川)
光の透ける磁土を素材とした食器制作。
http://k27morioka.exblog.jp
森本 仁(岡山)
備前で制作しています。素材の持ち味を発揮できる仕事を目指しています。
http://d.hatena.ne.jp/bizen-hitoshi/
吉田 次朗(岐阜)
土で器とオブジェをつくっています。
http://www.yoshidajiro.com
木漆
山本 美文(岡山)
生活具に至るまで、旧いフランス車のようにフワッと包みこまれるような装いが好き。
http://yoshif.blog.shinobi.jp
小倉 広太郎(滋賀)
普遍的な美、静かな美をめざして製作しています。
http://www.kurumigawa.com
匙屋 さかいあつし(岡山)
ドングリのような微笑ましい佇まいを持つ作品が出来上がることを願って製作しています。
http://www.sajiya.jp
ガラス
大迫 友紀(石川)
ガラスを吹いたり鋳造したり削ったりして器を作っています。
http://oosakoyuki.web.fc2.com
蠣﨑 マコト(香川)
ガラスという素材の持つ魅了を追求した作品。
http://instagram.com/kakizakiglass
艸田 正樹(石川)
透明は、無のようで、全てのようで、好き。器のようで、器でないようなのが、好き。
http://kusada.net
金属
稲垣 大(大阪)
銅、真鍮、アルミなどの非鉄金属の板や塊を金槌や木槌で叩いて食卓や台所・居間で使われる道具を造っています。
http://dine-factory.com
坂野 友紀(岡山)
金属でカトラリーや器、アクセサリーを作っています。金属のあたたかみが好きです。
http://sakanoyuki.com
佐藤 祐子(東京)
金や銀、真鍮のジュエリーやカトラリー。素材の表情を生かした繊細な表現を志しています。
http://yukosato.com
中村 智美(群馬)
鉄とステンレスを使って生活道具やオブジェなどを作っています。
http://www.kanamono-zakka.com
中村 友美(奈良)
鍛金でものつくりをしています。金属は経年変化が美しいと思います。是非手にとってご覧ください。
http://www.yuminkmr.tumblr.com
三輪 周太郎(兵庫)
銀を主体にアクセサリーやカトラリーを作っています。掌に収まる世界に私の心があるのです。
http://babesintoyland.jimbo.com
nishikata chieko(山形)
真鍮、銅、緑青、洋白のアクセサリーと、一輪挿しやオブジェクトなどを制作しています。
http://nishikatachieko.com
陶磁・金属
島田 篤(岐阜)
オブジェを作っております。
東 浩章(大分)
気兼ねなく、永く使うことのできる生活のための道具をつくりたいと考えています。
http://www.hgsbs.net
細川 由紀子(大分)
日々の生活に寄り添い、凛とした佇まい、そんなものづくりを心がけています。
http://higoandkado.cocolog-nifty.com
小野 一(岡山)
私たちは、使う人がよりよく暮せるようなもの作りを心掛けています。
http://www.dove-olive.com
兵井 ひろみ(石川)
靴・鞄・小物等 シンプルに素材の良さを生かした作品を展示します。一点モノもぜひ!
http://www.hyouihiromi.com
山本 祐介(岡山)
使う人の驚きや、気持ちよさにつながるような、ものづくりを目指しています。
http://www.andadura.net
染織
マキマロ(岡山)
木の実や樹皮などを煮出し、日常の衣服を手染めしています。春のおだやかな光に似合うような色を届けにいきます。
服部 謙二郎(東京)
シルクやウールなど、素材の持つ質感を大切にして、ストールを織っています。
http://hattorikenjiro.com/
衣服・布製品
MAROBAYA(東京)
触れる、着る、脱ぐ、ひらひら、くるくる、ばさばさ、をつくっています。
http://www.marobaya.com
和紙
ハタノ ワタル(京都)
絵画等、平面作品の展示。
http://www.hatanowataru.org
陶人形
さかい ゆきみ(岡山)
土や火を少しいただいて、ひとやいきもののかたちを作ります。
木彫
大住 潤(山梨)
熊を彫っています。彼らの過ごす時間を、感じて頂けたらうれしく思います。
http://www.atelier-yagate.com





企画展 山陰からの風「ひびきあうもの」

松江で毎年開催される「ひびきあうもの」展に参加の手仕事&造形作家及び「ひびきあうもの」メンバーによるグループ展。
美味しい食品も島根から届きます(加工食品は、売り切れ次第終了)。
出店作家
 吾郷直紀(紙もの)
 天野尚(染め)
 岡本英利哉(布製品)
 岡本美那子(型染め)
 樋野由紀子(染織り)
 藤原将史(木工)
 松本裕子(植物造形)
 森脇靖(陶)
 米田由美子(現代彫刻)
加工食品
 eik-café(焼き菓子)
 加島茶舗(お茶)
 大正屋醤油店(醤油・甘酒)
 ポカポカキッチン(蜂蜜)
 マヒナファーマシー(コーディアル)
 DOOR(本)


松江で毎年開催される「ひびきあうもの」は、住んでいる地域を意識して、
ここだからできることをベースに、毎回、その時々の心ときめくテーマを掲げて
主に物作りの作家の展示即売を中心に行っているイベントです。
呼びかけ人のDOOR book storeの店主である高橋香苗、以下、様々な職種の
人たちで会を下支えしながら7年続いています。会を続けるうちに、
次第にお互いの新しい面を意識しながらまた独りの仕事の日々を送る、という
いい関係が生まれています。
いつ聞いても心地良く響く音楽のように、いつ使っても気持ち良いものとは、
と問い続けながら「ひびきあうもの」は続いています。

                  高橋香苗




企画展 「鈴木恵美の描いた光景」

「第3回牛窓クラフト散歩」の案内状(リーフレットの表紙)に描いてもらった鈴木恵美さんの原画展。
瀬戸内海に点在する島のように描かれた家々からは、移ろいゆく時代の波にさらされた牛窓の旧き街並みに現存する
「変わらないもの」への憧憬や美しさへの祈りが込められているようにも映ります。
同会場では原画に至るまでの下書きやスケッチなども展示してもらい創作過程で直面する葛藤の中に一筋の光を探る表現者(画家)の日常も
併せてご覧いただけます。
鈴木恵美(画家・イラストレーター)
1984 静岡県浜松市生まれ
2005 名古屋造形芸術短期大学部・卒
2007 渡英(ロンドンに滞在)
2009 東京都へ移住
works / 装画・扉絵
浅田 次郎・著「獅子吼」別冊文藝春秋扉絵(文藝春秋)
       「九泉閣へようこそ」別冊文藝春秋扉絵(文藝春秋)
岡本 かの子・著「家霊」文庫カバー
椎名 誠・著「EVENA」装画(文藝春秋) 他
    ●チャリティー作品について 
各作家ブースの中の鳩のシールを貼った作品の売上金を全額、被災地に届けるためのチャリティー活動を行います。
募金を通して、地球規模で起こる災害や震災で被災された方々の暮らしを応援します。